GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ウフィッツィアーカイブソフトウェア [ウフィッツィ美術館収蔵作品のデジタルアーカイブ化と応用研究]
部門/分類
商品デザイン部門 - ソフトウェア
受賞企業
凸版印刷株式会社 (東京都)
フィレンツェ・ピストイア・プラートー州政府文化財監督庁 (Italy)
ウフィッツィ美術館 (Italy)
フローレンス大学電子工学部 (Italy)
チェントリカ社 (Italy)
フェイズワン社 (Denmark)
セイコーエプソン株式会社 (長野県)
受賞番号
03A12001
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ウフィツィ美術館が所蔵するイタリアルネッサンス芸術約1200点の保存・活用研究のためのデジタルアーカイブ化計画。2000年4月より開始し、2003年3月に完了。超高精細デジタルカメラで撮影後、すべての画像をカラーマネジメント処理し、多メディアに対して常に一定の色管理ができる。応用研究事例として、15世紀当時を仮想体験するDVDソフトを開発し、デジタルアーカイブによる新しい美術鑑賞法を提示した。

プロデューサー

大島 渡

ディレクター

高橋英一、黒田敏康、山庄司努 (凸版印刷株式会社 Eビジネス推進本部GALA) マリノ カリテルナ(Centrica)

デザイナー

CG:松隈浩之、永見卓也、武士祐介(凸版印刷株式会社) リッカルド ニギ (Centrica) カラー:三橋徹(凸版印刷株式会社) ブラウジング:宮川志津子、近藤優子(凸版印刷株式会社) 

価格

-

問い合せ先

凸版印刷株式会社 広報本部
Email: kouhou@toppan.co.jp
URL: http://www.toppan.co.jp

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ウフィッツィ美術館に行っても、作品を生の色で見ることが難しい。しかし、デジタルアーカイブなら自由に鑑賞できるだけでなく、普段気づくことのできない大きな発見や深い理解を与えてくれる。画家達が生きていた15世紀をシミュレーションして作品鑑賞できたら、これ以上の感動深い体験はないだろう。このようにウフィッツィアーカイブは、ルネッサンスの時代を体現してくれる躍動感溢れるドラマチックアーカイブと言える。

審査委員の評価

数多くの先行事例があるデジタルアーカイブ化計画ではあるが、超高精細デジタルカメラの使用と正確なカラーマネジメント処理により、他とは一線を画する仕上がりとなっている。カラーマネージメントの優位性を生かして開発されたDVDソフトは、ルネッサンス期の作品を人々がどのように鑑賞していたかを我々に体験させてくれる。デジタルアーカイブの次のステージを予感させてくれるものとして、高く評価された。

担当審査委員| 戸谷 毅史   戸島 國雄   中谷 日出  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ