GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
回路計 [ペンシルハイテスタ 3246]
部門/分類
商品デザイン部門 - 作業工具、産業機械、搬送機器・車両/試験機器
受賞企業
日置電機株式会社 (長野県)
受賞番号
03A08020
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

直流/交流電圧測定、抵抗測定、導通チェック、ダイオードチェックが可能なディジタルマルチメータ。本体はプラス側のテストピンと操作部、表示部が一体となったペンシル形状で、操作性や表示値読取精度などを高いレベルで満足している。小型ながら国際安全規格の測定カテゴリCAT3 600Vに対応し、マイナス側テストリード巻取り収納や測定対象を照らすライト機能など、幅広いユーザ層と様々な測定場面に配慮した、安全で使い易いテスタ。

デザイナー

日置電機株式会社 技術部開発支援課 デザイングループ シニアデザイナー 尾沼誠司

詳細情報

http://www.hioki.co.jp

開始日
2002年10月1日
価格

6,800円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

テスタとして充分以上の機能・性能を持ち、高い安全性とコンパクトながら存在感のあるフォルムで、プロからアマチュアまでの誰もが、使う事、所有する事に喜びを感じる測定ツールを思い描きながらデザインした。

デザインのポイント
1.使いやすいサイズ・形状と、テストリード収納&キャップ一体構造によりケースレスを実現
2.握り方を選ばず、簡単なアクションで測定できる操作系レイアウト
3.ライト付きを強調しつつ、スマートさを損なわないペンシルスタイル
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

製品背面のテストリード巻取り部は、ラフに巻いても容易に収納が可能で、且つ測定時の邪魔にならぬよう形状を工夫した。本体先端の保護キャップは、外した際に紛失するなどのトラブルをなくすべく本体直付けとし、測定時にはリード巻取り用の突起に差込んで固定できる。エラストマー素材からなるこのキャップは、万一強い力で引っ張られた場合でも、ちぎれずに本体から外れる構造である。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

本体は工具を用いて分解でき、故障の際の交換修理が簡単に行えるようになっている。また、成型部品にはインサート金具等をいっさい使わず、ユーザ自身による廃棄時の分別が容易にできる設計となっている。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

キャリングケースを必要としない製品形態の提案。ライトには、測定対象物(リード線等)の色が明確に判別できるよう、あえて安価な赤や緑ではなく、白色LEDを採用した。カラーパッケージの写真には、プレゼン用に作成したCGを用いてセールスポイントを強調。

審査委員の評価

測定ツールとして小型軽量化と使い勝手を向上させ、配色や形状が適切で新らたな使用性を実現した誠実なデザインである。ペンシル型の扱いやすいサイズで、測定部を照らすライト付き、先端部の収納とキャップ1体構造のケースレス化、他方のテストリード線の本体への巻取り固定、分かりやすい操作表示部など細部への検討がなされている。使い回しが良いユーザ優先の製品である。

担当審査委員| 金田 博   肥田 不二夫   馬場 了   山中 敏正  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ