GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
手洗器 [マンション向け小型手洗器(花瓶タイプ)]
部門/分類
商品デザイン部門 - 住宅設備
受賞企業
東陶機器株式会社 (福岡県)
受賞番号
03A06072
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

便器のタンク付けの手洗い皿は位置的に使いにくいことより、別途手洗い器を設置する傾向が強い。便器のタンクレス化も影響している。通常、手洗い器は大きいほど洗いやすいが、狭いトイレ空間ではスペース的に厳しい。この商品は狭い空間に設置される手洗いとして、最小の大きさを追求した。ボール部直径を200mmとし、その代わり手先を挿入できるように深した。配管カバーはマンションの場合、床給排水が多いことを想定して配管カバーを品揃えした。よりコンパクト化を目指し、配管カバーの断面形状はボールの底面形状と同じとし、すっきりとした形態を実現した。

デザイナー

東陶機器株式会社 デザインセンター 橋田規子,伊藤智幸

トイレに咲いた一輪の花です。

詳細情報

http://www.toto.co.jp/

開始日
2003年11月1日
価格

50,000 ~ 75,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

手洗い器のあり方については、手の洗い易さだけを求めるのではなく空間の中での見え方も重視すべきである。都心マンションのように狭いながらも高級感や美しい設えが求められている場所は特にそうである。手洗いとしての最小限の大きさを確保した上で、空間のアクセントとなる、花瓶が飾ってあるようなイメージにしたいと考えた。ボール幅寸法より高さ寸法の大きい花瓶調のプロポーションが生まれた。

デザインのポイント
1.トイレ空間の中でアクセントとなるような、コンパクトで狭い空間にも設置できる花瓶調の手洗い器。
2.配管カバーはボール底面の円弧と同円弧とし、床給水排水を前提とした上でできるだけコンパクトにした。
3.全体感にマッチする、すっきりとした直線基調の単水栓。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

水栓座はたまった水が床にこぼれない様に若干の傾斜をボール側につけている。 配管のメンテナンスが簡易にできるように配管カバーは手締めのビスで留めている。 配管カバー色は白とグリーンの二種。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

手を差し入れるタイプの洗い方でよりコンパクトなサイズの手洗い器が実現可能ということを提案した。

審査委員の評価

スペースも取らずコンパクトで可愛いデザイン。空間のアクセントとして考えた点で成功している。トイレだけでなく寝室の化粧用具用としても良いかもしれない。

担当審査委員| 船曳 鴻紅   小泉 誠   難波 久美子   真鍋 恒博   若林 広幸  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ