GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
携帯電話機 [au・A5303H、A5303H II]
部門/分類
商品デザイン部門 - 携帯電話、モバイル関連商品
受賞企業
株式会社日立製作所 (東京都)
受賞番号
03A03024
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

内蔵カメラにより、動きのなめらかな動画撮影が可能なハイパフォーマンスタイプの携帯電話。 ・音声や動画などを専用に処理するためのプロセッサを搭載したことにより、動画のリアルタイムエンコードが可能なため、撮影してすぐに再生が可能 ・ヒンジ部にアングルフリーカメラを搭載。カメラが180°回転するので、メインディスプレイを見ながらでも自分撮りが可能・側面のクイック起動キーを上下にスライドするだけで「ムービー/フォト」の一発起動が可能。 ・メインディスプレイとサブディスプレイに最大26万色の高精細液晶を搭載し高い色再現性を実現 ・内蔵アンテナ搭載により、洗練されかつスッキリしたシルエットを実現

デザインのポイント
1.全体をなめらかな曲面で包み込んだ斬新なスタイルにより、動画に対応した新しい携帯電話のイメージを訴求
2.赤とシルバーの明快で斬新なツートンを含む色彩展開により個性的なイメージを訴求
3.カメラ起動の専用キーやアングルフリーカメラにより閉じたままでも簡単にムービー/フォトの撮影が可能
プロデューサー

株式会社日立製作所 モバイル端末事業部 事業部長 松岡繁

ディレクター

株式会社日立製作所 デザイン本部 ホームソリューションデザイン部 主任デザイナー 池田稔

デザイナー

株式会社日立製作所 デザイン本部 ホームソリューションデザイン部 専門デザイナー 岩間徳浩,前田麻子,デザイナー 中島一州,高田裕一郎

詳細情報

http://www.hitachi.co.jp/Prod/vims/mobilephone/

開始日
2002年12月18日
価格

オープンプライス

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ムービーに対応したハイパフォーマンスのモデルとして、全く新しいイメージの二つ折り携帯電話をデザインしたいと考えた。ヒンジ部に回転カメラを備えた特長のある構成を生かし、全体をなめらかな曲面で包み込んだ造形とした。外観からメカニックな印象を排除することで、これまでの携帯電話にはない斬新なスタイルを実現できたと思う。

デザインのポイント
1.全体をなめらかな曲面で包み込んだ斬新なスタイルにより、動画に対応した新しい携帯電話のイメージを訴求
2.赤とシルバーの明快で斬新なツートンを含む色彩展開により個性的なイメージを訴求
3.カメラ起動の専用キーやアングルフリーカメラにより閉じたままでも簡単にムービー/フォトの撮影が可能
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

・本体左側面上部にカメラ専用の起動スイッチを設け、開いた状態はもちろん閉じた状態でも簡単にムービーやフォトを起動し撮影ができるように配慮した。 ・また左側面下部には、着信メロディーや音量、バイブレータ、留守番電話の設定などを一括して切り替えられる3ポジションのマナースイッチを設け、電車の中や会議中などTPOに応じたモードが設定可能となっている。 ・内蔵アンテナを採用し全体を丸みのあるフォルムとしたことで、ポケットへの出し入れや持ちやすさに配慮した。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

外装部品には、表面硬度を高めるための塗装処理を施し、傷つきによる外観品質劣化を防止している。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

・製品のもつイメージをビジュアル資料などにまとめ、広告や営業など関連部署に配布し、TVコマーシャルや雑誌広告、駅張りポスターなどデビュー戦略のイメージ統一を図った。 ・カメラ専用クイック起動キーを提案し、閉じたままでも簡単に撮影可能な携帯電話を実現した。

審査委員の評価

ヒンジ部にレイアウトされたアングルフリーカメラは、盗撮等の防止になる他、撮影アングルの自由度を高めている。また、「通常」「ドライブモード」「サイレント」などを一括切替できる「きくばりスイッチ」には、ユーザーの配慮を感じる。

担当審査委員| 安次富 隆   戸谷 毅史   中谷 日出   村田 智明  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ