GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2003

GOOD DESIGN|ユニバーサルデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
眼鏡用 内面累進屈折力レンズ [セイコースーパーP-1]
部門/分類
商品デザイン部門 - 身のまわり商品
受賞企業
セイコーオプティカルプロダクツ株式会社 (東京都)
受賞番号
03A01009
受賞概要
2003年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

セイコースーパーP-1は、より快適な見えごこちを求めて、最先端のレンズ設計と光学技術を駆使した「内面累進設計+内面非球面設計」による最高級の境目のない遠近両用レンズです。 7億5,600万通りのレンズ設計から、あなただけのJUST ONEレンズをお誂えします。 本当の自分らしさの実現と、今までだれも経験のなかった「未踏の視界」を実感してください。

デザインのポイント
1.ユーザー個々の使用目的に会う基本設計を豊富に用意、個別の度数に最適な非球面補正を実施する。 
2.累進屈折力レンズでは限界のあったユレ・ユガミの低下と視野の向上を内面研磨技術により抜本解決。 
3.遠用近用個別の度数に対する収差補正が相互に干渉し合わないよう配置調整、従来にない視野を確保。
プロデューサー

セイコーオプティカルプロダクツ株式会社 マーケティング本部 レンズマーケティング部

ディレクター

セイコーエプソン株式会社 光学事業部 加藤 一寿

デザイナー

セイコーエプソン株式会社 光学事業部 小松 朗

詳細情報

http://www.seiko-opt.co.jp/d/lens/ssp1_a.html

開始日
2002年4月1日
価格

オープンプライス

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ひとりひとりの見え方・感じ方に合わせてレンズを設計する。手間暇を掛けても最高の一品を提供したい。そんな気持ちからセイコースーパーP-1を開発しました。眼鏡を掛けていることを意識しない、そんなふうに使っていただけたら幸いです。

デザインのポイント
1.ユーザー個々の使用目的に会う基本設計を豊富に用意、個別の度数に最適な非球面補正を実施する。 
2.累進屈折力レンズでは限界のあったユレ・ユガミの低下と視野の向上を内面研磨技術により抜本解決。 
3.遠用近用個別の度数に対する収差補正が相互に干渉し合わないよう配置調整、従来にない視野を確保。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

ユーザー個々のライフスタイルや使用目的に応じて選択いただけるよう、遠用ワイド型・バランス型・近用ワイド型と、基本設計を3種類ご用意しました。また、個々の視生活や選択したフレーム玉型サイズに対応できるよう、10・12・14・16・18mmの豊富な累進帯長(度数変化部分)を用意。さらには度数や近用視距離や左右の眼の離れ具合によって個人差がある輻輳量(遠用視から近用視へ移る際の眼の内寄せ幅)にも0.0?4.0mmまで0.5mmステップで対応。更に加えて個別の遠用・近用度数に対する最適補正非球面カーブの設定により、実に7億5,600万通りのカスタムメイドを実現いたしました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

通常のレンズはメーカーから丸生地形状で出荷され、小売店側でフレーム形状に加工されるのが一般的であるが、その際切削粉が発生してしまう。当スーパーP-1はあらかじめ発注の際に得たフレーム玉型形状に最適な加工を施し出荷されている。また、使用済みレンズが店頭に戻された場合は、リサイクル利用を可能としている日本医用光学機器工業会のシステムをご案内している。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

カスタムメイド化実現への技術的な裏づけとして、ユレ・ユガミを抜本的に解決し視野の確保も両立させた内面カーブ加工量産技術があるが、そのフル応用展開の提案となった。また販売側に対しては、多様化するシニア世代への視生活をハイレベルでケアする商品の実現により、単なる低価格競争とは別の次元のマーケティングを可能とさせた。   

審査委員の評価

ライフスタイルに合わせてレンズをオーダーする「内面累進設計+内面非球面設計」による最高級の境目のない遠近両用レンズというソフトのデザインに好感が持てる。中高年齢層にとって必要性が極めて高い製品であることが理解できる。これからの時代に向けてのコンセプトが良い。

担当審査委員| 國本 桂史   荒井 利春   平野 敬子   堀越 敏晴   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ