GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
子供のためのマイクロマシン工房 [子供のためのマイクロマシン工房]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
名古屋大学 大学院工学研究科 生田研究室 (愛知県)
日本科学未来館 (東京都)
受賞番号
02D14035
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

最先端科学を展示する日本科学未来館におき、マイクロマシンを観客の目の前で製作する世界初のマイクロマシン工房を構想し、研究室をあげて装置の製作、設置、導入を完遂した。製作に何ヶ月も必要なシリコンプロセスと違い、分オーダーで立体的なマイクロマシンを製作できるマイクロ光造形法を用い、開館中常時稼働している。工房の横には光学顕微鏡と、走査型電子顕微鏡が設置され、造形したマイクロマシンを即座に観察できる。

プロデューサー

生田 幸士

ディレクター

生田 幸士

デザイナー

生田 幸士、丸尾 昭二、小川 雅史

価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

子供達が容易に理解でき、少しの訓練で使用できることを目的とし、マイクロ光造形法の先駆者である生田と研究室スタッフが、本工房のために特別の装置を開発した。理系離れ対策だけでなく、米粒より小さい機械が目前で製作されていく感動と、物作り、デザイン、CAD、顕微鏡などに親しむことを工夫した。さらにマイクロマシン工房のデザインや、説明映像なども、指導監修した。

ページトップへ