GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
球根・花 促成栽培システム [球根・花 促成栽培システム]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
有限会社FIS (新潟県)
受賞番号
02D14028
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

チューリップに代表される球根植物を、季節を問わず工業的に生産するシステムです。植え付けられた球根が、その生育ステージに合わせて温度帯の違う3つの部屋(秋・冬・春)を移動します。出荷時期を逆算して加温する為、季節はずれにも計画的な安定出荷’が可能になります。植付・出荷作業は中央に配置された低温ハウス(主に秋の温度帯)に集約され、その他の部屋(冬・春)は通常無人になります。部屋の移動にはレール上を球根が植え付けられたボックスが移動する移動ベンチ方式を採用し、軽作業のみで効率よく作業ができます。

プロデューサー

代表取締役 若林 茂樹

ディレクター

若林 茂樹

デザイナー

若林 茂樹

価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

誰でも手軽にできる‘インスタントガーデニング’の普及をめざし、手軽にできるガーデニング素材を生産します。また混迷する農業生産面いおいて、従来の農業のイメージを一新し、作業体系のシステム化により作業を簡易化することで雇用機会を一般化します。薬品に頼らず温度管理のみで四季を作り出す設備により、環境に配慮した市街地近郊型農業の一例として、志ある若い世代に夢を与えたいと願います。

ページトップへ