GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
横浜赤レンガ倉庫2号館 [横浜市中区新港1丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 建築デザイン
受賞企業
横浜市 (神奈川県)
株式会社横浜みなとみらい21 (神奈川県)
株式会社横浜赤レンガ (神奈川県)
株式会社新居千秋都市建築設計 (東京都)
株式会社丹青社 (東京都)
株式会社丹青インテグレイテッドデザインスタジオ (東京都)
受賞番号
02B12042
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

横浜の都市計画と連携した商業活用計画として市民が憩い、楽しみ賑わいの場の創出を目的とした、明治44年竣工の歴史保存認定を受けた建築物としては国内初めての商業再生活用と建築保存プロジェクト。建築環境デザイン、テナントミックス、店舗開発、集客広報は、従来の商業施設開発とは一線を画した「シーンメイク手法(場の雰囲気・気分をつくる手法」による開発アプローチで取り組まれた。 コンセプトは「ヨコハマTRIVE(TRY&LIVE)」。創建当時の時代のスピリットと場の記憶を再生開発の共通言語とした、クラシックとモダンが渾然一体となった類例のない商業施設。

プロデューサー

監修:横浜市、株式会社 横浜みなとみらい21/プロデュース:株式会社 横浜赤レンガ 代表取締役社長 村澤 彰

ディレクター

商環境ディレクション:株式会社 丹青インテグレイテッドデザインスタジオ 取締役 出原秀仁,株式会社 新居千秋都市建築設計 代表 新居千秋

デザイナー

株式会社 新居千秋都市建築設計 代表 新居千秋(建築環境ディレクター)

詳細情報

http://www.yokohama-akarenga.jp

開始日
2002年4月12日
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

(事業者の主張)当施設は市民が憩い、楽しむ賑わいの場の提供を目的とした、第一級の歴史的建築物の保存・再生・商業活用。建物と場所の持つ歴史的な価値・記憶に新しいソフトを重ね合わせ、提供するシーン(情景)をスクリプト(脚本)化し、「ここでしか得られない気分」を創出する。いわゆる「シーンメイク(場の雰囲気・気分の創出)」の手法で開発されたクラシックとモダンが渾然一体となった類例の無い商業施設開発である。

ページトップへ