GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
公開空地・生活環境軸 芝三丁目東地区再開発「さつまの道」 [東京都港区芝三丁目23-1]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 環境デザイン
受賞企業
株式会社上山良子ランドスケープデザイン研究所 (東京都)
三井不動産株式会社 (東京都)
受賞番号
02B11011
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

当該計画は、いわゆる都心再開発であり、過密化、老朽化した地区を区画整理し、3つの街区に住宅、オフィス、商業施設を含む約100mの高層ビルを3本と港区に移管された広場などが建設されたものである。この再開発に際して、事業者の異なる各街区を統括し、共有のデザインガイドラインのもとに、統一的なまちづくりを行った。住宅、オフィス、商業と用途の異なる街区を貫通する共有スペースを設け、「生活環境軸」と称して、未来につながる都心生活と環境のあり方を追求するために、用途の違いを「土地の記憶」という共通の場所認識をベースとして、デザイン化した。

プロデューサー

三井不動産株式会社

デザイナー

株式会社上山良子ランドスケープデザイン研究所 上山良子 佐藤博久 伊藤善康 柳原博史 

開始日
2002年3月29日
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

「土地の記憶」をデザインのコンセプトとし、その土地にしか出来ないデザインをすることこそ、今後の日本の街づくりのあり方であると主張してきたことが、今回、施主の意向と一致して様々な経過を経て実現した。長い時間軸に耐えうる高次元のランドスケープとしての舞台装置はあらたな名所として、主役となる来訪者、住民に親しまれることを切に望んでいる。

ページトップへ