GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2002

GOOD DESIGN|ユニバーサルデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
全身浴シャワー [National N-SH1]
部門
商品デザイン部門
受賞企業
松下電器産業株式会社 (大阪府)
受賞番号
02A04078
受賞概要
2002年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本製品は、それぞれ働きが異なる3種類計16個の噴射ノズルを採用しています。 また、レバーでノズルの組み合わせを変えることで、いすに座ったまま楽な姿勢で「全身モード」 「肩・腰モード」の2種類のシャワーが楽しめます。 「全身モード」は体の芯まですばやく温め、 「肩・腰モード」は肩や腰を狙ってお湯を噴射させることで、心地よい刺激とともに血行を良くし疲労や肩こりの原因を軽減します。なお、ほとんどの浴室に設置可能な軽量・コンパクト設計で、お使いの水栓に簡単接続でき、今までお使いのシャワーも使えます。 本製品を通じ、ストレスの多い現代人に満足いただける新しい入浴スタイルを提案します。

プロデューサー

松下電器産業株式会社 電化・住設社 ホームユーティリティ事業部 商品企画グループ グループマネージャー 神田佳和

ディレクター

松下電器産業株式会社 パナソニックデザイン社 ナショナルデザイングループ グループマネージャー 南部泰司

デザイナー

松下電器産業株式会社 パナソニックデザイン社 ナショナルデザイングループ 羽田大利、臼井重雄、藤田和浩

詳細情報

http://prodb.matsushita.co.jp/products/national/N/N-SH1.html

開始日
2002年4月1日
価格

48,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

浴槽入浴に対して「体をきれいに保つ」という面だけでなく、「リフレッシュ」を求める人が増えています。一方、時間的制約から浴槽入浴せずにシャワーで済ませる若年層、身体への負担などからシャワーを使用される高齢者の方も増えており、浴槽入浴に対する価値観、実態が変化しています。このような中、お風呂だから得られる「温浴効果・癒し効果」とシャワーがもつ「手軽さ」を同時に実現する全身浴シャワーを開発しました。

審査委員の評価

浴槽への入浴によって得られる「温浴効果・癒し効果」とシャワーがもつ「手軽さ」の両立という新しい入浴スタイルの実現を目指した全身浴シャワー。前モデルで実現したこの入浴スタイルを、ほとんどの浴室に設置できる軽量・コンパクト化、水栓への容易な接続などの実現によって、より手軽に導入できるよう設置性の改良を加えている。既存の技術を生かしながら工事不要でだれもが手軽に導入しやすい商品にまとめた点が評価された。

担当審査委員|

ページトップへ