GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2001

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
富岩運河環水公園 [富山市湊入船町、木場町]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 建築デザイン
受賞企業
富山県/仙田満+環境デザイン研究所 (東京都)
受賞番号
01B11192
受賞概要
2001年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

富岩運河環水公園は、富山駅北側の再開発である「都市MIRAI計画」を背景に、区域のシンボルゾーンを形成する県の総合公園である。富山市の市街地形成や水運の発達に貢献してきた富岩運河の舟溜まり周辺を、運河の歴史を後世に伝え、富山の自然と都市が共存する親水文化公園として整備したものである。運河の静水面と水際のボードウォークや開放的な芝生斜面を基本としながら、要所に泉と滝の広場や天門橋などのシンボル施設を配置している。また本公園は背後の都市MIRAI地区の建築物と一体となって文字通り近未来的な街並みを形成し、富山市民の新しい憩い・散策スポットとして定着しつつある。

デザイナー

仙田満+環境デザイン研究所

詳細情報

http://www.ms-edi.co.jp

開始日
1999年11月1日
価格

0円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

運河の広大な静水面という景観や、水鳥たちの生息環境といった既存のポテンシャルを活かすことを心掛けた。また富山の豊富な水を象徴する造形には特に工夫をこらした。「泉と滝の広場」は直径約35mの運河にせり出した水盤と、上からカーテン状に落ちる半円形の滝で構成され、公園入口の水のゲートとしてシンボル的な役割を果たしている。また天門橋広場の噴水は「ふれあう水」と位置づけ、子どもたちの水遊びの場となっている。

ページトップへ