GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2001

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
東京宝塚ビル [千代田区有楽町1-2-1]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 建築デザイン
受賞企業
東宝株式会社/株式会社竹中工務店 東京本店 (東京都)
受賞番号
01B11184
受賞概要
2001年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

当プロジェクトは昭和9年開場した東京宝塚劇場の再開発計画であり、都心の比較的狭隘な同敷地に宝塚歌劇専用の2000席以上の劇場、収益性の高い賃貸オフィス、800席以上の映画館(スカラ座1.2)、飲食店舗等の機能を複合することが求められた。 こうしたニーズに対し、法的制約や防災・動線計画等の観点から低層部に劇場、高層部にオフィス、地下部に映画館を配した立体構成とし、メガストラクチャー構造を採用することで大空間の重層化を図った。

デザイナー

株式会社竹中工務店 臼井真、土屋邦美、堀口譲司

開始日
2001年1月1日
価格

0円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

外観については、建物全体のシルエットがタワーに向けて階段状に上昇し天空に昇華していくデザインとし,「RISING STEP」を基本コンセプトとした。また劇場そのものを「都市のステージ」として捉え、ファサードをプロセニアムに見立てた。この第二のプロセニアムを通して人々は現実と幻想が交錯した世界を垣間見る事ができ、そして内部に立った観客は自らが「都市という劇場」で演者になることができるのである。

ページトップへ