GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2001

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
風力発電システム [SUBARU 15/40]
部門
商品デザイン部門
受賞企業
富士重工業株式会社 (東京都)
受賞番号
01A41128
受賞概要
2001年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

直径15m、全高30m、定格出力40kWの小型風力発電機。航空機の開発で培ったノウハウを応用した高性能翼を持ち、風の強さによって翼のピッチ角度や回転速度を最適に変える高度な制御を行なっている。そのため、低い風速でも発電を開始し、騒音もきわめて少なく、加えて景観に溶け込むことを意図した美しい外観を持っている。小型で、環境に対する影響が少ないため、現在主流の直径50m、高さ80m、出力1000kW程度の大型風車が導入出来なかった風の少ない地域や、輸送や建設が困難な都市部、山岳地でも導入が可能である。地球温暖化防止を始めとする自然エネルギーの普及に貢献できる、新しいコンセプトの風力発電機。

デザイナー

株式会社GKダイナミックス 一条 厚/開発部開発デザイン室 吉田 聡

詳細情報

http://www.fhi.co.jp/news/news.html

開始日
2001年12月1日
価格

オープンプライス

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

風力発電機のロマン。風、自然、やさしさ、クリーン・・。航空機技術のロマン。プロペラ、空気力学、流線形、機能美、先端技術、夢・・。この二つのロマンがクロスオーバーしたら、人と自然に優しく調和したデザインが産まれるのでは。白い流麗な飛行機が自然のなかに降り立ったような、風を感じさせる流線形の造型美。日本の自然景観を意識した造型の面の流れと陰影。

ページトップへ