GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2001

GOOD DESIGN|エコロジーデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
食器 [Re-食器(再生の器) 土色彩生 GL-saisei001]
部門
商品デザイン部門
受賞企業
グリーンライフ21・プロジェクト/岐阜県セラミックス技術研究所 (岐阜県)
受賞番号
01A20487
受賞概要
2001年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

陶磁器の器は、自然界から土資源を搾取し、製造、販売、使用で生じた不用食器のほとんど全てが自然界に廃棄されています。その量は一般家庭からの廃棄だけで年間15万トン(推定)におよび、一方、原料の土資源は枯渇化がすすんでいます。21世紀の器づくりでは資源の有効利用と環境への負荷低減は不可欠なテーマです。 過去、成形技術上困難といわれてきた“土の循環・器の再生”に、製土や食器、流通や中間処理に係る企業、デザイナー、技術者、ユーザーが連携して、従来食器に比べて環境負荷(CO2排出量)を増すことなく再生が可能な“Re-食器”をつくりました。当然、デザインは器の製造や使用段階の低エネルギー消費を意図しています。

デザイナー

愛知産業大学造形学部産業デザイン学科 佐藤延男

詳細情報

http://www.nagoyanet.ne.jp/gl21/

開始日
2001年10月1日
価格

550 ~ 2,800円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

ユーザーにとっては、その製品が再生の器であるか新しい材料で作られた器であるかに関係なく、美しく、使いやすく、楽しいことが大切です。このRe-食器『土色彩生』は再生材料からの製品を意識させないクオリティーとシンプルをデザインのポイントにしています。日常食器として使用していて、気がついたら『再生の器』であったという「さりげなさ」の中でRe-食器の環境配慮を分かってもらえればと思います。

ページトップへ