GOOD DESIGN AWARD

受賞年鑑

受賞年鑑 GOOD DESIGN AWARD 2011

2011年度のグッドデザイン賞を受賞したすべての情報を網羅した本年鑑は、審査委員長を務める深澤直人氏の「グッドデザイン賞をグッドデザインする」というコンセプトを反映した一冊です。
当代の日本のデザインをアーカイブし後世に語り継ぐ、日本が世界に誇るデザイン年鑑です。

大きな判型と、堅牢制を併せ持つ一冊

215mm×298mm(左右×天地)の大判サイズ+布張り+ハードカバー(上製本)仕様の年鑑です。日本を代表する製本会社として多数の実績を持つ松岳社にて、一冊ずつ丁寧に製本を行いました。長期間の保存や参照にも耐えうる堅牢性を備えています。

受賞作が見やすく、情報が充実

年鑑の主役とも言えるのが、すべてのグッドデザイン賞受賞対象の紹介ページ。特別賞受賞作は1ページに1点、その他の受賞作も1ページ に2点を大きく掲載し、大きなビジュアルと閲覧に充分な情報を備えました。ページ数も大迫力の全712ページです。

受賞作の魅力を際立たせるオリジナル用紙を開発

本年鑑制作のため、オリジナルの本文用紙「sandesi」を開発。目の覚めるような鮮烈な白さが、受賞対象のビジュアルを美しく引き立てます。また、堂々とした印象を際立たせるため、写真部分のみ光沢感を持たせたニス引き仕上げとしました。(協力:株式会社竹尾、日清紡ペーパー プロダクツ株式会社)

世界に誇る一年間の“グッドデザイン”の集大成

大賞、金賞受賞作はデザイナー・開発者のインタビューを収録。取材を通じて評価に繋がったポイントの裏側や開発秘話に迫りました。また、そのほかのグッドデザイン賞についても、一般公開されているすべての受賞対象、約1,000点の情報を網羅。審査委員講評も多数掲載し、まさに一年間のグッドデザインの総集編です。

Photo:Takashi Mochizuki

『GOOD DESIGN AWARD 2011』刊行に寄せて

2011年度のグッドデザイン賞は、「適正」というキーワードをもとに審査に臨みました。3月11日に起こった東日本大震災以降、すべての人々が今まで疑うこともなかった様々な物事に対し、それらを生み出して来たことが本当に正しかったのかどうか、果たして生活の「適正」とはなんであったのかということを問い直したのではないかと思います。
グッドデザイン賞の審査はその時々の社会や生活の変化、動向、そして人々の思いを反映しています。デザインの善し悪しを論ずる前に、そのモノやコトの存在自体がこれからの生活に対して「適正」なものであるかを慎重に判断しようと試みました。
2010年度に掲げた「グッドデザイン賞の活動自体をグッドデザインする」という目標に対しても、さまざまな改善を試みました。一般の方々や前年度の金賞受賞者に審査に参加していただくことなど、新しい展示やイベントの構成もよい成果を導けたと思います。
最も大切な記録として、この年鑑のデザインも継承しています。輝かしい受賞の証として、デザイナーや開発者、経営者のみなさんのさらなるモチベーションを高めることを願い、そしてよいデザインの歴史を語り継いでいく基盤として、今後も継承される存在となることを願っています。

2011年度グッドデザイン賞 審査委員長
深澤直人


本書のおもな内容

  • 深澤直人 審査委員長・佐藤卓 審査副委員長メッセージ
  • 2011年度グッドデザイン賞事業経緯
  • 「グッドデザイン大賞」「グッドデザイン金賞」受賞デザイン開発者インタビュー
  • 審査講評および各受賞対象紹介
  • 受賞企業名索引 ほか
発行
公益財団法人日本デザイン振興会
発売
株式会社宣伝会議
仕様
A4変形判/上製本・布クロスカバー/712ページ
ISBN
978-4-88335-260-9
定価
25,000円+税
制作陣
スーパーバイザー:深澤直人、佐藤 卓、アートディレクション:松下 計、チーフフォトグラファー:望月 孝 ほか

お問い合わせ

  • 本書の内容についてのお問い合わせ先
    公益財団法人日本デザイン振興会
    電話 03-6743-3777 info@g-mark.org
  • 本書のご購入・ご注文についてのお問い合わせ先
    株式会社宣伝会議 電話 03-6418-3320(販売部) http://www.sendenkaigi.com
    (株)宣伝会議のウェブサイトからお申し込みいただくと、送料無料でお届けします。

「GOOD DESIGN AWARD 2011」訂正のお知らせ
本書の内容について訂正するとともに、読者ならびに関係の皆様にお詫び申し上げます。

Photo:Takashi Mochizuki

ページトップへ