GOOD DESIGN AWARD

受賞年鑑

受賞年鑑 GOOD DESIGN AWARD 2010

重厚さと、繊細・緻密さをあわせもった年鑑にフルリニューアル!

2010 年度グッドデザイン賞の公式年鑑は、書名も新たに『GOOD DESIGN AWARD 2010 (グッドデザインアワード2010) 』として発刊されました。本書はプロダクトや建築、コミュニケーションプロジェクトにいたるまで、2010年度のグッドデザイン賞を受賞したすべてのデザイン情報を網羅した年鑑です。本年度より審査委員長に就任した深澤直人氏の「グッドデザイン賞をグッドデザインする」というコンセプトを反映し、受賞年鑑についてもフルリニューアルを敢行。その堂々たるビジュアルを含めて、まさに2010年度におけるグッドデザイン賞を総括する内容となっています。当代の日本のデザインをアーカイブし、後世に語り継ぐための書籍として生まれ変わった本年鑑は、まさに日本が世界に誇るデザイン年鑑です。

Photo:Takashi Mochizuki

判型が大きくなり、装幀も大幅リニューアル

215mm×298mm(左右×天地)の大判サイズ。今までのソフトカバーからハードカバー(上製本)+スリーブ仕様となり、耐久性も向上。日本を代表する製本会社として多数の実績を持つ松岳社にて、一冊ずつ丁寧に製本を行いました。長期間の保存や参照にも耐えうる堅牢性を備えています。

受賞作がより見やすくなり、情報が充実

年鑑の主役であるすべてのグッドデザイン賞受賞対象の紹介スペースを大幅に拡充。これまでの1ページ8点掲載から、1ページ 2点掲載へとサイズアップしたことにより、各受賞対象の画像サイズは約6倍、説明文が約3倍になりました。ページ数も大迫力の全704ページです。

受賞作の魅力を際立たせるオリジナル用紙を開発

本年鑑制作のため、オリジナルの本文用紙「sandesi」を開発。目の覚めるような鮮烈な白さが、受賞対象のビジュアルを美しく引き立てます。また、堂々とした印象を際立たせるため、写真部分のみ光沢感を持たせたニス引き仕上げとしました。(協力:株式会社竹尾、日清紡ペーパー プロダクツ株式会社)

世界に誇る一年間の“グッドデザイン”の集大成

大賞の「ダイソン エアマルチプライアー」および、金賞14件の受賞作に関してはデザイナーインタビューを収録。取材を通じて評価に繋がったポイントの裏側や開発秘話に迫りました。また、そのほかのグッドデザイン賞についても、一般公開されているすべての受賞対象、約1,000点の情報を網羅。審査委員講評も多数掲載し、まさに一年間のグッドデザインの総集編です。

『GOOD DESIGN AWARD 2010』刊行に寄せてのメッセージ

『GOOD DESIGN AWARD 2010』の刊行にあたり寄せられた、本書のスーパーバイザーであるグッドデザイン賞審査委員長、審査副委員長、および本書のアートディレクターからのメッセージの全文です。本書が大きな変革を遂げた背景と、その目的や意義について語っていただきました。

2010年度のグッドデザイン賞は、デザインが暮らしの豊かさを定義するものと定め、誰もが「いいな」と思えるようなものがグッドデザイン賞に選ばれるべきであるという審査委員の統一した思いを掲げ、審査に臨みました。また、グッドデザイン賞の活動自体をグッドデザインにするという目標も掲げ、この運動に関わるすべてのコミュニケーションデザインや、審査会場、展覧会、表彰状、トロプィー、そしてこの受賞年鑑のデザインも見直しました。
特に年鑑は、受賞したデザインを正確に美しく伝える重要なメディアと位置づけ、ゼロから丁寧にデザインしました。多くの写真はこのブックのために撮り下ろされ、この年鑑のページを飾ることが、デザイナーや開発者、そして経営者の皆さんのモチベーションに繋がるようなものになればいいという願いを込めて編纂に臨みました。
今後もこの年鑑のデザインを変えることなく、デザインの歴史を語り繋いでいく存在となるように願っています。

2010年度グッドデザイン賞審査委員長 深澤 直人

2010年度、深澤直人 審査委員長と共にグッドデザイン賞全体のデザインを見直してきました。それにともない、受賞年鑑も大きく変わることになりました。まず手にとってみてください。圧倒的なまでの厚みと重みがあります。そして中のページをご覧ください。グッドデザイン賞を獲得した受賞対象が美しくレイアウトされています。これまでのように毎年装丁が変わるのではなく、この新しい装丁で毎年発刊され続けていきます。まず10年経ってこの年鑑が本棚に並ぶ姿を想像してみてください。それは、まさにGマークに輝くデザインのアーカイブそのものなのです。
今後も永い間続いていくであろう組織が発行する年鑑は、普遍的に美しくなければならない。そして記録として歴史に残るためには、このようなしっかりとしたプラットフォームが必要であると我々は判断しました。こうすることによって、初めて時代の変化が浮き彫りになってくることでしょう。

2010年度グッドデザイン賞審査副委員長 佐藤 卓

この受賞年鑑のデザインをするにあたっては、個人的な思い入れは完全に封印し、この本のあるべき姿を彫り出すようなイメージでプロセスを組み立てました。唯一ディレクションの基礎となっているのは、永遠に更新され続け怒涛の拡散をくり返す情報の荒海から、プラグを一度切って「今年のこと」として清書する、その精神です。
撮影は腕っぷしのある7人のフォトグラファーに依頼し、本文の紙も独自に開発。デジタル・デバイスかまびすしいこのご時世にあって、想像を絶するこの分厚い本は賞の重みそのものであり、書き換え不能な不可逆性の印でもあります。手にとる方も、眺めるだけの方も、全感覚的にGOOD DESIGN AWARD 2010が記憶に刻み込まれることと思います。

『GOOD DESIGN AWARD 2010』アートディレクター 松下 計


本書のおもな内容

  • 深澤直人 審査委員長・佐藤卓 審査副委員長メッセージ
  • 「グッドデザイン大賞」「グッドデザイン金賞」受賞デザイナーインタビュー
  • 審査講評および各受賞対象紹介
  • 2010年度グッドデザイン賞事業経緯
  • 受賞企業名一覧 ほか
発行
公益財団法人日本デザイン振興会
発売
株式会社宣伝会議
仕様
A4変形判/上製本・布クロスカバー/704ページ
ISBN
978-4-88335-241-8
定価
25,000円+税
制作陣
スーパーバイザー:深澤直人、佐藤 卓、アートディレクション:松下 計、チーフフォトグラファー:望月 孝 ほか

お問い合わせ

  • 本書の内容についてのお問い合わせ先
    公益財団法人日本デザイン振興会
    電話 03-6743-3777 info@g-mark.org
  • 本書のご購入・ご注文についてのお問い合わせ先
    株式会社宣伝会議 電話 03-6418-3320(販売部) http://www.sendenkaigi.com
    (株)宣伝会議のウェブサイトからお申し込みいただくと、送料無料でお届けします。
ページトップへ