GOOD DESIGN AWARD

グッドデザイン賞受賞概要

2013年度|受賞結果概要

  • グッドデザイン賞 2013年度の受賞結果を発表。
  • グッドデザイン大賞候補10件、「グッドデザイン・ベスト100」も決定。

グッドデザイン賞

グッドデザイン賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会は、10月1日に2013年度グッドデザイン賞の受賞結果を発表しました。グッドデザイン賞は1957年の創設以来、日本を代表するデザインの評価・推奨の運動として広く知られる世界的なデザイン賞です。商品分野をはじめ建築・プロジェクトなど幅広い領域から応募されるデザインに対して、外見上の印象だけでなく、使い勝手や環境への配慮、社会への提案力など、今日求められるさまざまな観点から審査を行うことで、多くの“よいデザイン”を社会に送り出してきました。
2013年度は3,400件の審査対象の中から、のべ66名の審査委員による厳正な審査の結果、1,212件の受賞が決定しました。この中には今後決定予定である「グッドデザイン大賞」の候補10件と、「グッドデザイン金賞」をはじめとする特別賞の候補となる「グッドデザイン・ベスト100」が含まれています。なおこれら各特別賞は11月7日(木)に発表される予定です。


2013年度グッドデザイン賞
受賞件数 1,212件(審査対象数 3,400件)
受賞企業数 794社

グッドデザイン・ベスト100について

グッドデザイン・ベスト100は、2013年度グッドデザイン賞受賞対象の中で、審査委員会により特に高い評価を得た100件です。11月7日に発表予定の特別賞各賞の候補となります。


グッドデザイン大賞について

グッドデザイン大賞はすべての受賞対象を通じて、2013年度を象徴するデザインとして位置づけられる1件で、11月7日に発表されます。その決定には審査委員と今年度グッドデザイン賞受賞者のほか、10月30日から東京ミッドタウンで開催される「グッドデザインエキシビション2013[G展]」への来場者による投票結果も反映されます。

東北復興支援特別措置に基づく受賞

東日本大震災からの東北地域の復興を支援するため、応募費用の免除などの特別措置を2011年度から三カ年にわたり展開しています。その最終年度となる今回は、本特別措置枠の応募作91件がグッドデザイン賞を受賞しました。

国外デザイン賞との連携に基づく受賞

グッドデザイン賞が制度連携を結ぶタイ王国「デザインエクセレンス賞」受賞作から46件、インド「インディアデザインマーク」受賞作から1件がグッドデザイン賞を受賞したほか、2013年度に日本アセアンセンターとの共同事業として創設された「グッドデザイン・メコン・セレクション」の対象7件がグッドデザイン賞を受賞しました。

参考資料:2013年度グッドデザイン賞 都道府県別・国別受賞件数

都道府県別受賞件数 内訳

北海道5京都府19
青森県11大阪府139
岩手県9兵庫県23
宮城県28奈良県8
秋田県14和歌山県4
山形県7島根県8
福島県10鳥取県1
茨城県21岡山県8
栃木県6広島県11
群馬県5山口県0
埼玉県23徳島県2
千葉県7香川県6
東京都560愛媛県8
神奈川県40高知県1
新潟県22福岡県12
富山県3佐賀県6
石川県11長崎県3
福井県8熊本県8
山梨県1大分県2
長野県6宮崎県0
岐阜県16鹿児島県5
静岡県26沖縄県6
愛知県56海外212
三重県2
滋賀県2

海外地域別受賞件数 内訳

Australia1
Cambodia2
China11
Denmark2
Germany6
Hong Kong5
India2
Korea66
Laos3
Myanmar1
Singapore1
Slovenia1
Spain1
Switzerland1
Taiwan42
Thailand47
U.K.3
U.S.A.16
Vietnam1

<備考>
上記は、本年度のグッドデザイン賞受賞対象ごとの「受賞者」を基準に、それぞれの受賞者の都道府県・国別でカウントした合計数です。
海外の受賞件数は、海外に本拠点がある応募者からの応募数を基準に算出しています。日本支社などが受賞者になる場合は日本国内での受賞としてカウントしています。

ページトップへ